ページトップへ

政策活動集団「埼玉青志会」の例会に出席。

今から、9年前に7人で自治体枠を超えた横のつながりや

各自治体の施策等や課題問題を共有すべく

それにより個々の議員力も高まり、また切磋琢磨し磨かれることを旨とし

埼玉県内の各自治体で市町村議員として活動をしている

青年会議所繋がりの保守系政策集団を「埼玉青志会」団体を結成し

当初は7人でスタートし、志通ずる仲間が今では37人となりました。

 

この団体から県議会議員2名、市長1名誕生し

結成した時の規約が、市町村議員となっていますので

私は、結成時メンバーの一人でありますが

今も会員の一人でもあるのですが規約により、顧問的立場となってしまいました。

 

今日は、「埼玉青志会」の例会があり担当は、蕨市議会議員の小林利規市議による設営。

 

まず「赤坂迎賓館」を視察。

施設内は写真禁止。

2016-12-27-14-46-46-800x6002016-12-27-14-59-46-800x600

 

2016-12-27-20-48-07-800x600

 

それから、国土交通省へ。

2016-12-27-20-48-50-800x6002016-12-27-15-31-03-600x800

田中良生副大臣に表敬訪問でしたが、公務があり会えませんでしたが

折角なので写真を。

2016-12-27-15-56-31-800x6002016-12-27-15-56-38-800x600

合同庁舎の空間

 

2016-12-27-20-48-46-800x6002016-12-27-15-41-04-600x800

 

そして、大規模災害等が発生した場合の国土交通省の対応である「非常災害対策本部」を視察。

2016-12-27-15-58-48-800x6002016-12-27-16-00-19-800x600

職員から、モニターの説明を伺いながら

国としての、全体把握からの対応と官邸との連携等々をお聞きし

県並びに、該当自治体等の状況判断対応が重要だと改めて感じる

しっかりとした政策や対応組織があっても

一方で公助の手助けが来るまでの

第一段階の自助が普段から生活の何気ない顔の見える繋がりや防災意識向上と

横の近所のつながりの共助を住まう住民が、認識するかが問われているんだろうと思います。

一覧へもどる >