ページトップへ

神谷大輔議員ブログ

  • 2008-11-16
  • カテゴリー: 日記

感じるもの

平成20年は、世界最古の長編小説「源氏物語」の存在が、記録で

確認されてからちょうど、1000年目にあたります。

この作品の中でも描かれている当時の文化は、「国風文化」「王朝文化」

などと呼ばれ、それまでの唐風文化を基盤とした日本独自の文化

花開いたことが特徴となっているそうです。

 「日本らしさ」の象徴的存在として、

その意匠は現代までも脈々と受け継がれたいます。

その時代背景を再認識し、 文化 歴史 に触れる機会をもてたこと

よかったですよ(*^_^*)

 まだまだ、24日まで平安王朝~源氏物語の時代~の

企画展行っていますので、ぜひ 感じてみてください。

場所は、朝霞市博物館 048-469-2285

第33回朝霞市小・中学校図工美術展に行ってきました。

上の写真は、小学生たちの作品ですが、

本当に独創的で感受性にあふれていて、

見ていて楽しさにあふれていました。

こちらは、中学生の作品ですが、感性豊かな年ごろということなのか、

また、一段と独創的ですばらしいなって 感じました。

来場者も、親子のみならず おじいちゃん おばあちゃんと

一緒に来ている人が多く、これを機に家族の絆・会話が

増えるのではなかろうか!!

post by daisuke at 19:25 コメントはまだありません »

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

後援会入会案内